SmartHop MH/SRシリーズTopicks

SmartHop MHシリーズ

電波到達性の高い920MHz帯無線により、センサーネットワークをフレキシブルに構築できます。
有線センサーネットワークの全て/一部をそのまま無線化できる無線ユニットと、
さまざまな種類・ベンダーのセンサーや機器に組み込みが可能な無線通信モジュールの2タイプをご用意しています。

 

MHシリーズの3つの特長

920MHz帯は、従来の免許不要な無線周波数(2.4GHz/430MHz)と比べて、つながりやすい周波数帯です。

  • OKIの無線ユニットは、見通しで1kmの通信ができます。
  • 建物内でも、複数のフロアをカバーしたネットワークを構築できます。
  • 送信の占有回避、データの衝突回避の仕組みが制度上で定めらており、近接したネットワークからの影響を低減できます。

 

無線通信の信頼性を向上

OKIの無線ユニットは、従来の無線機器と比べて通信の信頼性を向上させる仕組みによって、データのロス率を大幅に低減しています。

  • 無線通信の品質を向上させるために、複数の通信経路を構成できるマルチホップ技術を採用しています。
  • 各無線ユニット間の通信品質により自動的に最適な通信経路を選択します。
  • 電波状態の悪化などにより、一時的に無線通信ができなくなった場合には、他の通信経路からの通信ができます。

 

 

SmartHop SRシリーズ

 

電波到達性の高い920MHz帯無線と省電力のマルチホップ中継機能に対応した無線モジュールです。
各種センサー装置や計測システムに組み込むことにより、広範囲で信頼性に優れた無線ネットワークを配線無しで構築でき、屋外などの電源の無い環境にも用途が広がります。

主な特長

  • 電波到達性に優れた「920MHz帯無線」に対応
    電波到達性に優れた「920MHz帯無線」に対応920MHz帯は、従来の免許不要な無線周波数(2.4GHz/430MHz)と比べて、つながりやすい周波数帯です。
  • 通信の信頼性に優れた「無線マルチホップネットワーク」に対応
    無線マルチホップネットワークは、各無線機が多段に中継することにより、広範囲の無線ネットワーク化を実現します。
    自動的に品質の良い通信経路を選択して中継するため、障害に強い柔軟な無線ネットワークを構築できます。
    また、優先したい経路を固定で設定することもできます。
  • 電池駆動が可能な「省電力機能」に対応
    スリープ状態とアクティブ状態を自動的に切り替え、アクティブ状態になる僅かな時間にデータ送受信を行うように制御されています。この省電力機能によって消費電力を低減することにより、電池駆動が可能となり、電源線の敷設が困難な場所にも適用範囲が広がります。さらに、無線モジュール間での時刻同期にも対応しています。
  • <ソフトウェアバージョンV2.0の機能強化>
    親機の省電力化
    親機も省電力機能に対応しました。子機を組み込むセンサ装置、および親機を組み込むデータ収集装置の両方が、自立電源で動作させることが可能となり、電源配線の手間を完全に削減します。
  • 経路の固定化
    動的な経路選択に加え、意図した通信経路を優先して選択する設定が可能となりました。これにより、電池消耗の偏りや電波環境の変化が大きい経路を回避することができます。
  • ネットワーク参加時間の高速化
    子機のネットワーク参加を高速化しました。これにより、メンテナンス時などのネットワーク復旧にかかる時間が短縮できます。
  • セキュリティ機能の強化
    暗号鍵によるネットワーク参加認証、通信データの暗号化、鍵の自動更新に対応しています。サービスの要求に応じて、セキュリティ機能を柔軟に設定可能です。

 

MHシリーズとSRシリーズは、通信手順が異なるため接続互換ができません。

 

 

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHopに関してのお問い合わせはこちらから